banner

発行株式数とその上限

会社設立時に決める発行株式数とその上限


会社設立をするときには資本金を集めなければなりませんが、株式会社の場合には株式を発行して、それを買い取ってもらうことによって集めます。通常は、まず資本金を決め、その後に発行株式数を決めます。資本金が1株の価格の整数倍になるようになれば、金額はいくらでも構いません。「資本金=発行株式数×1株の金額」になるように設定すれば良いのです。

例えば、資本金が500万円の場合には、500万円の株式を1株だけ発行して会社設立をするのも良いですし、50万円の株式を10株発行するのでも良いです。極端に言えば、1円の株式を500万株発行するのも良いです。

この時の金額の決め方は自由なのですが、大きすぎても小さすぎても増資するときに不便です。例えば、1株を500万円にすると、増資すると少額の出資を受け入れることが難しくなります。

逆に、小さすぎるのも不便で、例えば1円に設定すると、それよりも安い価格で発行することができませんから、増資の目的にそぐわない可能性があります。妥当な金額があるわけではありませんが、会社設立をするときには5万円くらいに設定することが多いようです。

会社設立をするときには、資本金を集めるために発行する株式数を決めるのですが、その後に増資をしてさらに発行することも想定しておかなければなりません。会社設立時に発行する株式数を最大数としても良いのですが、そうすると増資をするときに定款を変更しなければなりません。

逆に、最大数を大きくしすぎると経営権にかかわってきます。例えば、最初に100株だけ発行し、最大で300株を発行できるようにした場合、増資で200株発行してそれを誰か一人が保有すると、その人が経営権を握ってしまいます。ですから、多すぎるのはあまりよくありません。

ただ、一人で起業するときには大きくしすぎても問題はありません。なぜなら、実際に増資をするかどうかを決めるのは自分一人なのですから、増資をする段階で経営権を握られないだけの株式を発行すれば良いのです。
また、株主が自分一人でない場合であっても、譲渡制限をかけておけば経営権がいつの間にか誰かに移ってしまうことはありません。

ですから、自由度が高くなるように大きめに設定しておくのが良く、目安としては最初に発行する株式数の10倍程度にしておけば良いでしょう。実際に増資が必要になった段階であれば経営戦略も練り直さなければならないでしょうから、そのときに必要であれば定款を変更すれば良いのです。

Copyright(c) 2014 会社設立の疑問すべて答えます。知らなかったで損をするのはあなたですAll Rights Reserved.