banner

デメリットは?

会社設立にはデメリットもあります


会社設立をすれば、社会的屎尿が増して取引先が増えたり、あるいは節税ができたりといろいろなメリットがありますが、デメリットもあります。

メリットばかりが強調されているようですが、デメリットについてもきちんと把握しておく必要はあるでしょう。全体的に見れば、規模が大きくてある程度の利益が確保できるのなら、会社設立をするメリットは大きいと考えられますが、場合によっては個人事業主として事業を行っていた方が良かったと感じる事もあるでしょう。

会社設立をすれば節税ができると言われることが多いですが、これは利益が出ているときです。赤字でも支払わなければならない税金があります。個人事業主の場合には、赤字であれば税金を支払う必要はありません。他に所得があれば、その所得から控除できる場合もありますから、赤字の場合には個人事業主の方が有利です。

会社設立をすれば、会社の利益とは関係なく、法人住民税を支払わなければなりません。その金額は規模にもよって異なりますが、国税と地方税とを合わせれば、最低でも7万円は必要です。何もしていなくても最低7万円を支払い続けなければならないのです。

次に、社会保険への加入が義務づけられるというデメリットがあります。会社設立をすれば健康保険と厚生年金への加入は義務づけられます。国民健康保険と国民年金に比べるとその負担は大きいです。従業員が増えれば増えるほど負担は大きくなります。個人事業として経営をしているときよりも多くの費用がかかりますから、手取金額は安くなることもあります。

事務的な負担が増えるというデメリットもあります。その中でも経理処理の負担は大きいでしょう。会社設立をすれば会社法に則った形で経理を行わなければなりません。また、申告も行わなければなりませんが、個人事業主が確定申告をするときよりも複雑です。

他にも、社会保険や労働保険などの手続きもしなければなりませんから、事務的な負担は確実に増えます。経理や税務を税理士に任せて事務手続きの負担を軽減することはできますが、税理士に対して報酬を支払う必要はあります。

気軽にやめることができないというデメリットもあります。個人事業主の場合には、やめたいときにやめることができます。手続きとしては、廃業届を提出くらいなのですが、会社設立をすれば廃業するのにも費用がかかります。解散登記と清算結了登記が必要となりますから、気軽にやめることはできないのです。

Copyright(c) 2014 会社設立の疑問すべて答えます。知らなかったで損をするのはあなたですAll Rights Reserved.