banner

加入するべき年金など

会社設立により加入するべき年金などについて


株式会社にしろ合同会社にしろ会社設立に伴い行わなければならない事務は多岐にわたっています。そのため、どの多民具ではどういった手続きが必要なのか、設立者はしっかりと把握をしておく必要があります。

会社設立とは通常法人登記を法務局に申請し、その申請が受理されて登記が完了したタイミングのことを指します。この登記が完了した日つまり法人設立が基準日となる手続きが多くあります。そのため、その基準日から5日以内に申請をするといった期間が明確に定められていることが多いために注意が必要です。

会社設立により行うべき手続きが煩雑なために、どうしても個人でするには後手後手になったり、あるいは申請日に間に合わなかったりするなど様々な問題が発生することがあります。そのため、厚生年金や健康保険の社会保険への加入などを自分でする場合には、どのタイミングですることになるのかをしっかりと把握して行動することが大切になってきます。
自分個人でできないと思ったときには代行申請を行うこともできますので、代行申請が法律上できるとされる資格を持つ人に正式に依頼するのも一つの方法です。

基本的に会社設立した場合には厚生年金への加入となります。この厚生年金加入時にもさまざまな書類を提出する必要があります。従業員の賃金台帳などであったり他にも提出を求められるものもあります。

また、社会保険への加入については、健康保険証がたとえば今まで国民健康保険への加入だった場合には、ここで切り替えという話にもなりますから、加入者については国民健康保険証の返還と、新たに社会保険での健康保険証への加入ということで、健康保険証自体が変わってくることになることに注意が必要です。

この場合にも提出するべき書類とその様式、提出期限が明確に定められていますから特に注意が必要です。

会社設立で注意するべきことが他にもあります。会社設立後の運営資金については特に徒手空拳で始めた人にとっては気になるところです。もし社会保険労務士や行政書士などに代行申請などを依頼すれば、依頼料が当然必要になります。その依頼料を確保した上で事業開始となるかどうか、資金についてはご利用は計画的に、となります。
いずれにしても、様々な届出が必要な中で、一覧表のような形でまとめておいて、順次急ぐ者から一つずつ確実に届出を行えるように準備をしておくことが重要となりますから、確実に書類をそろえていくように心がけることが大切です。

Copyright(c) 2014 会社設立の疑問すべて答えます。知らなかったで損をするのはあなたですAll Rights Reserved.