banner

弁護士費用について

会社設立手続き代行にかかる、弁護士費用について


会社設立を行うには、必要となる諸々の書類を作成し、所定の手数料を用意し、順序良く手続きを済ませていくことが大切です。それら一連の作業には専門知識が必要ですから、全く知識の無い状態から取り掛かるには多大な時間・労力・費用がかかります。そこで、法律の専門家である弁護士に会社設立手続きの代行を依頼するのが、賢い選択の一つです。

弁護士に依頼した場合、かかる弁護士費用は設立する会社の種類や規模によって異なりますが、概ね25万円が1つの目安となります。この費用は自分で手続きを行うのとほぼ同額ですから、会社設立完了までにかかる費用総額は、自分で行っても弁護士に依頼しても大差ありません。

費用総額が同等でありながら、弁護士は作業のほぼ全てを一括して代行してくれます。依頼した方が役場や法務局へ出向くこともありません。貴重な時間を節約し、労力を大幅に軽減し、会社設立前の忙しい時期を有意義に活用することが可能です。

世の中には会社設立の手続き代行を行う事務所が多くあり、弁護士事務所以外にも行政書士、司法書士といった士業に属する事務所が色々な内容でサービスを展開しています。その中で弁護士に依頼することは他と何が違うのかというと、会社設立前から後々まで、トータルでサポートを受けることができる、という点です。弁護士は行政書士や司法書士に比べ法律上の制限が少ないので、より幅広く深くサポートを受けられる特徴があります。

他の士業に依頼する場合、例えば行政書士であれば、自分で手続きを行うより数万円廉価に会社設立ができます。しかし、行政書士が会社設立登記を代理することは法律で許されていませんから、役場や法務局へ出向いて手続きを行う手間がかかってしまいます。また、設立以後のサポートは弁護士や司法書士のように幅広く行う所は比較的少ないものです。

司法書士に依頼する場合は、弁護士同様に全ての手続きを代行してもらうことができます。また、弁護士同様に手続きをして終わりというだけでなく、その後も会社運営を助ける専門家の紹介や、各種登記の代行等のサポートを受けることが可能です。かかる費用も弁護士費用と同じか、少し安くなります。ただし、司法書士は比較的身近な法律問題の解決に従事する士業であり、法律上の大きなトラブルが発生した場合、弁護士のように対応することは法律上の制限で不可能な場合があります。

このように、会社設立の手続き代行を弁護士に依頼することは、行政書士や司法書士に相談する事とは違った特徴があります。弁護士を味方につけることで会社設立前から設立後まで様々な助力を受けることができますから、その場限りの関係ではなく、より長く、より広く、より深く付き合える法律の専門家を求めている方には、選択肢の中で最適解の一つと言えるでしょう。

Copyright(c) 2014 会社設立の疑問すべて答えます。知らなかったで損をするのはあなたですAll Rights Reserved.