banner

内祝いの意味と対応

会社設立関係の内祝いの意味と対応

会社設立のときに内祝いを配ります。お客様はもちろんすが、株主や関係先など会社を作るのにお世話になった方々に配ります。従業員にも激励の意味で配る会社もあります。品物はいろいろですし、そのときの流行りものが一番多く選定されます。もちろん金額によります。

設立当初は、まだこれから船出ということもあるのでしょうが、それほど金額がかさまないものが一般的でしょう。ひところで言えば、テレフォンカードです。今は時代の変遷でしょうか、見かけません。カード類では、クオカード、図書カードといったところでしょう。

会社設立5周念や10周年のときにも内祝いを配る企業が多いのですが、企業によっては、5、15、25というように5がつくときに行う企業や10のキリがいいときに行う企業、5も10もすべて行う企業もというように様々です。

一般的な事例では、いわゆる客商売、食べ物、飲み物に関係するところ、バー・キャバレーやスナック、スーパーなどが頻度良く行い、5や10だけではなく、3とか8とか、ともかく数多く記念日を作ることを実行しています。会社設立00周年のときは、皆さんさまざまに知恵を働かせて品物を選定しますが、一番多いのは時計の類でしょう。時を刻むという意味があるからです。

昔は、形が重んじられて大きなものが喜ばれましたが、今はデジタルでソーラー、電波と三拍子そろったデザイン性に優れたものが喜ばれています。会社設立や会社設立記念の祝いなので、それなりの意味があることなのですが、日本の景気が悪くなってから、無駄な経費は少しでも抑えようということなのでしょう。取りやめにする企業も散見します。5や10のキリがいい年度でもやめてしますところがあるということです。とても残念なことです。儲かったおすそ分け的な感じでとらえると、こういくことになるのでしょう。

実は、内祝いは、それだけでなく、お客様や株主、関係者とのこれからの絆を強くするという意味もあるのです。その意味では、絶好の機会なのです。客商売の皆さんのことを思い出せば、理解できるはずです。営業の機会を増やすのです。

経費を抑えることは重要な会社施策ですが、それだけでは繁栄の道は開けません。衰退への道をたどっていく図式です。むしろ、創立00周年というチャンスを生かし、これからのビジネスを発展させる絶好のチャンスなのです。品物は、単に祝いの品物ではなく、これからの前途を洋々たるものにするための投資なです。だから、知恵を絞り、素敵な品物を選ぶことをお奨めします。

Copyright(c) 2014 会社設立の疑問すべて答えます。知らなかったで損をするのはあなたですAll Rights Reserved.