banner

資本金が0円でも

資本金が0円でも会社設立はできる?


会社法が施行された時点で資本金に関する規制は撤廃されました。それ以前は、株式会社は1,000万円、有限会社は300万円が最低金額と定められていましたが、会社法の施行によってこの制限がなくなったのです。ですから、1万円しか出資せずに会社設立をすることも可能となったのです。では、資本金が0円でも会社設立をすることはできるのでしょうか。

会社法で最低金額を定めていないのですから否定することはできないでしょう。否定する根拠がないからです。実際にこれは可能で、出資した金額から設立費用を差し引いた場合に、それば0になるか、あるいはマイナスになった場合には認められます。

例えば、会社設立をする時点で定款認証手数料が5万円と登録免許税の15万円はかかりますから、合計で20万円は必ずかかります。そして、出資した金額が20万円以下であれば、差し引き0円以下となります。マイナスの場合にも0とします。出資額を0にすることはできませんが、最終的には資本金を0とすることはできるのです。

このようなことは可能なのですが、特にメリットはありません。むしろデメリットの方が大きいですからするべきではないでしょう。「資本金が0円です」と胸をはって言える人はいないと思います。社会的な信用力もなくなりますから、デメリットは大きいと考えられます。

社会的信用力がなくなることで、取引してくれる会社がなくなる可能性があります。取引する会社のことは取引する前に調べるのが普通です。登記簿謄本に記載されているのですから、調べようと思えば誰でも調べることができます。

どこの会社も取引をしてくれなければ経営を行っていくことはできないでしょう。特に銀行口座を開くことができなければ致命的です。詐欺に使われないようにするために、怪しい会社には口座を仮設させない銀行も多くあります。資本金があまりにも小さければ、会社設立はできても、銀行口座を開設できず、経営を行うことができなくなる可能性もあるのです。

ですから、ある程度は必要だと考えておきましょう。具体的にはどれくらい必要なのかというラインは特にありませんが、最低でも数十万円は必要だと考えておくべきでしょう。できることなら膾炙設立時に100万円から300万円くらいはあったほうが良いと考えられます。逆に、1,000万円を超えると税金の面で不利になりますから、会社設立をするときには1,000万円を超えないようにしたほうが良いです。

Copyright(c) 2014 会社設立の疑問すべて答えます。知らなかったで損をするのはあなたですAll Rights Reserved.