banner

定款の意味

会社設立にあたって目的などを記載する定款


会社設立の手順の中で一番重要なことが定款の作成になります。これはいくつもの記入事項がありますので、ひとつずつ説明していきます。

まずは商号を決めなくてはなりません。商号とは会社名のことで、以前は類似した商号は駄目など決まりがありましたが、現在は比較的自由に決めることができます。

とは言ってもいくつか決まりがありますので紹介します。まず必ず株式会社と入れなくてはなりません。何々株式会社か株式会社何々といった具合です。

その他の種類の会社と間違えられる可能性がある名前はNGになります。例えばNPOやNGOといった他の団体で使われているような言葉は使用できません。また既にある会社の偽物など不正を目的として、他社の会社であるような誤解を招く商号も使用することはできません。

そのほかにも近くの営業所や所在地に、すでに同じ商号の会社がある場合には、その商号は使うことができません。地域が全く別であれば使用することはできます。このチェックには類似商号調査というものがあり、この調査を行わなくてはなりません。

商号が決まったら会社設立の目的を記載していきます。書き方は、まずどのような業種を行うのか、飲食業なのか運送業なのかなどを記載していきます。この時に今すぐは行わないが将来的に行う可能性がある業種があれば一緒に記載しましょう。後々になって追加するとなると費用や手間が掛かってしまいます。

この会社設立の目的は、その業種によって許可を取らなくてはならないものが多くありますので注意してください。例えばレストランやカフェといった飲食業であれば保健所、古本屋やリサイクルショップなどは警察署、お酒の販売をするのであれば税務署、タクシー業やトラック運送業などは運輸局など行う業種によって許可を貰う機関が違いますので、しっかりと調べてから会社設立の手続きを行うようにしましょう。

この許可を得ずに営業を行ってしまうと営業停止や懲役、罰金といった処分を受けなくてはなりませんので、必ずチェックしてください。

このほかにも会社設立の定款に記載することはあり、本社の場所はどこにするかや資本金はいくらぐらいにするのかなどを記載します。そして出資金は誰がいくら出すのか、役員は誰にするのかなども、ここで決めることになります。そして完成したらこれを公証役場へ提出します。

このように会社設立にあたっては、この定款が重大な役割を担っているのです。

Copyright(c) 2014 会社設立の疑問すべて答えます。知らなかったで損をするのはあなたですAll Rights Reserved.