banner

行政書士・司法書士

会社設立代行を、行政書士・司法書士に依頼した場合の違い


会社設立を行う際、必要となるのが役所への届け出書類の作成。そして、手続き時に必要な手数料の用意です。作成すべき書類は数が多く、内容も難解で、作るには専門の知識が必要になります。また、手数料は高額になりますから、会社設立を前にしている以上、できるだけ費用を安く抑えたいものです。

そこで、会社設立の手続きをスムーズに、できるだけ廉価に行う方法として、士業関係者への依頼という選択肢があります。現在、様々な行政書士事務所や、司法書士事務所で会社設立の手続き代行を受け付けていますが、両者それぞれに特徴がありますので、自分に合ったサービスを行ってくれる事務所を選ぶことが大切です。

行政書士事務所の代行サービスは、より廉価に会社設立をできるのが特徴です。自分で手続きを行うのに比べ、数万円安く行える事務所もあります。ただし、行政書士には法律上の制限がありますから、手続きの全てを代行することができません。

依頼した場合、役所や法務局への手続きは自分でやる必要があります。準備は全て整えてくれて、事前に手続き方法の指導やマニュアル提供がありますので、手続き自体は短い時間で簡単に終わります。

司法書士事務所の代行サービスは、手続きを何から何まで代行してくれるのが特徴です。費用は自分で手続きをするのとほぼ同じで、多少高い事務所、安い事務所があります。役所や法務局への手続きも含めて全て行ってくれますから、依頼者は全てを一任することが可能です。

また、代行だけで終わらず、設立後のサービスも色々と提案しているのも良さの一つとなっています。会社を設立すると様々な専門家のお世話になることがありますから、この需要に合わせて必要な人材の紹介をする。他にも、業務上生じる種々の登記手続きを代行する。このように充実したアフターフォローを提案する事務所が多くあります。

注意点として、会社設立手続きを依頼する場合、各事務所のサービス内容を事前にしっかりと確認しておくことが大切です。一部の手続きを別費用で行っている事務所、顧問を付ける条件で廉価とする事務所等がありますから、自分が利用したいサービス内容であるかどうかを予め確認してから依頼を行うことが、より良い会社設立に繋がります。

また、法律上の資格がない代行業者には警戒が必要です。特に、会社設立の登記代行作業は国家資格が必要ですから、手続き全てを代行する事務所に依頼する際は、国家資格を持つ人物が実際の手続きを行うかどうかを事前に確認しましょう。確認作業を怠らなければ、法律違反をする危険な代行業者を避けることができます。

行政書士、司法書士、いずれも会社設立を行うに当たって、心強いパートナーとして手続きを担ってくれます。自分の設立する会社や、自分の合った会社設立手続き代行サービスを提供する事務所を探すことは、結果として時間・資金を節約して労力を軽減する、良い選択肢の一つです。

Copyright(c) 2014 会社設立の疑問すべて答えます。知らなかったで損をするのはあなたですAll Rights Reserved.